スポンサーサイト

  • 2015.12.07 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    小國神社大骨董蚤の市:1日目

    • 2015.12.05 Saturday
    • 20:03
    本日は、小國神社大骨董蚤の市の初日でした。私的には、初めての出店。骨董の出店もかなり多く、楽しみな出店となりました。早朝の準備の様子です。皆さん忙しそうです。

    今回のメニューは、焼きラーメンと手羽先とおでん。​現地について急いで準備していると、お友達のNojee(Nojee ChipsのWeb Master)が、何とお手伝いに来てくれたのです。発電機の燃料切れにも迅速に対応してくれて、感謝感激でした。スタッフの方も親切で、机やのぼり旗のポールなども貸してくれました。そして、焼きラーメンやおでんや手羽先を購入してくれました。ありがとうございました。別の所で開催されている蚤の市でお世話になった方を、最近見かけないので、出店者に聞いてみました。その答えは、亡くなったとの事でした。残念・・・。ご冥福をお祈りします。さて、明日も頑張って出店していきたいと思います。よろしくお願いします。

    第3回国際陶芸フェスティバル in ささま:出店1日目

    • 2015.11.21 Saturday
    • 20:53
    無事に第一日目が終わりました。今回は、焼きラーメンと手羽先とおでんを販売しました。出店の様子です。こんな感じで、お店を広げました。販売と調理スペースは十分で、結構使いやすかったです。

    会場は、フードコートの前に、白いテーブルと椅子が並べられ、フェスの雰囲気が漂っています。こんな良い環境の中で、今日のイベントの始まりです。

    国際陶芸フェスティバルという事で、​個性的な作家さんが個性的な作品を紹介しています。まず気になったのが、この作家さん。かなり手の込んだ造形と多くの色を使った表現、そして立体の表現も素晴らしかったです。


    そして、次に気になったのがこの作家さんの作品。織部焼きのスカルのカップ。大振りで、存在感があります。このカップで、ブラディーマリーを飲んだら、信長気分になれるかもです。まだまだ紹介しきれないほどの、作家さん達が素晴らしい作品を紹介しています。こんな素敵な陶芸作品を、多く見る事が出来、気に入った作品を購入出来る機会は、そんなに多くありません。陶芸に興味のある方は、是非会場までお越しください。

    明日のお天気が心配

    • 2015.11.14 Saturday
    • 07:01
    JUGEMテーマ:イベント情報
    明日の、フリマ in 静岡徳洲会病院 ゆうかり祭のお天気が心配です。天気予報では、お昼頃からは晴れ間が見えそうですが、朝のうちはぐずついたお天気みたいです。フリマは雨であれば中止になる事もあるので、出来るだけ早くお天気が回復してくれることを祈るばかりです。

    おでんの提供容器について

    • 2015.11.06 Friday
    • 08:45
    JUGEMテーマ:グルメ
    奥大井ふるさと祭りでおでんを販売しますが、この時の提供容器を持ちやすい様に、カレーなどに使用する使い捨ての器を用意しました。試しに使ったレンジで加熱可能な容器も良いのですが、奥大井ふるさと祭りでは会場内で喫食される方が殆どだと思いますので、この器の方がお客様にとって良いのではないかと思います。今回用意した容器がなくなった段階で、また容器について検討したいと思います。少々大きな容器なので、ボリューム感が薄れるかもしれませんが、串ものも同時に販売するので、これ位の容器でも良いのではないかと考えています。

    強力な助っ人

    • 2015.11.05 Thursday
    • 12:14
    11月28日:丸子 おだたら不動様縁日での出店で、強力な助っ人が登場します。 20世紀からの飲み友達で、以前に(1999年)ホームページを開設していた時にもお世話になった方です。 その方は、大手企業関連の中企業の社長をしていた方で、マーケッティングにも明るく正しい営業の仕方を実践していました。 とても私の露店営業の助っ人をお願いできるような方ではないのですが、今回助っ人を快諾していただき、 おだたら不動様縁日での出店で登場という事になりました。 お天気にもよりますが、メニューは、焼きラーメン、手羽先などを販売予定です。 助っ人に恥ずかしく無い様な営業をするつもりです。いや、絶対にします!
    続きを読む >>

    土曜日のお天気が気になります

    • 2015.11.02 Monday
    • 05:14
    昨晩から雨が降っています。ちょっと肌寒い日になっています。心配なのは今週の土曜日のお天気。明日からはお天気は良いという予報なのですが、肝心の土曜日の予報が今ひとつ。イベント会場が千頭なので、寒さが気になります。ご来場の皆様、お天気をみながら、暖かい服を着てくるなど防寒対策を考えてご来場ください。お待ちしています。

    イベントキャップに思う

    • 2015.11.01 Sunday
    • 17:10
    このイベントキャップは、トーマスフェアに合わせて作ったものです。一つのブースでバラバラな衣装では統一感が無く、盛り上がりに欠けると考えたからです。しかし、すべての衣装を同じに揃えるには資金的にも難があり、今回はキャップだけにしました。私と遊(私の愛妻)と同じキャップを被って接客や調理をしています「お揃いのキャップ、好いですねぇ。」と何度か言われました。この時、出店ブースで何かお揃いのユニフォーム的なものがある方が良いなと感じ、これもおもてなしの一つだと確信しました。誰に対してものを売っているかを考えれば、自ずと答えは出てくるはず。今回のイベントでは、他のブースではこの様な心配りをしているブースは一つもありません。ちょっと寂しい気がします。

    果たすべき責任

    • 2015.11.01 Sunday
    • 17:05
    2015.10.02 Fridayの記事、「トーマスフェア、残り僅か・・・。」にコメントを頂きました。たった一言ですが、本当に重要な事です。品物を提供する以上、果たすべき責任があると思います。
    食品については、1番めは「食の安全(倫理・モラル)」。これが守られなければ食品としての価値すら見出せません。清潔さに気を使いすぎる事は決してありません。自分がこれを食べたいか?家族や大切な人に自信を持って進められるか?これが原点だと思います。誰でも不衛生な食べものは食べたいと思いません。万が一事故が起きれば、様々な事を含めて大きな打撃・痛手になるでしょう。静岡県の安倍川の花火大会での「冷やしきゅうり事件」が最近では有名だと思います。産地の偽装や商標の無断使用などの商標に絡む事柄も、私的にはこの事柄に含めています。それから、硬く弾力のある食品・飲み込み難い食品(窒息で多いのは、餅や蒟蒻ゼリーが有名ですが、私の篆刻の先生はちょっと筋が多い鮪の刺身を飲み込み窒息死しました)の提供も控えるべきと思います。特に過去に事故のあった食品については、必須だと思います。食品による窒息事故に関する研究結果等について(厚生労働省)リンク

    第2に「調理の安全(倫理・モラル)」。これは安全な器具を正しく使って、事故の起きないように心掛ける事。調理器具は安全性の高いものを使い、それらに関連する総てのものを、安全に管理するという事です。これは京都でおきた露店における痛ましい事故が有名です。大きな音をたてる調理機材(ポン菓子)や大量の煙を発生させる調理機材も感心しません(調理方法に由来するもものも含みます)。世界的に有名で日本最大のロックフェス「フジロック」の露店でも10年以上前までは「越後豚(串焼き)」がすごい煙を上げて豚の串焼きを焼いていましたが、待っている人が煙で気持ち悪くなるという事が起きたり、串焼きを焼いている人の健康被害を考慮して、今ではかなり改善されています。石器時代の調理法は現代では通用しなくなっています。また、自作の調理機材も業務用と違い、安全性が計算されていないため、何かが起こる可能性があります。当然安全性が担保されていません。

    第3に「接遇」。これは気持ちよくお客様と接し、心地よい気分でお買い物を楽しむ事が出来るよう、挨拶は当然の事として、常にお客様に気を配り、目の前で転んだ子供がいれば、様子をみて声を掛けるなど、人間として常識的な事です。 それからイベントを運営するにあたり重要な事は「医療の安全」です。人が集まれば何が起こるか解かりません。イベント会場の安全性が担保されていなければ、事が起きた時に言い訳が立たないと思います。今回のトーマスフェアには、救護テントがありませんでした。私は、自前で簡単な救急箱を会場に持って行き、簡単な傷の手当て(消毒してカットバンをはる程度)、勿論子供の親には医療技術者であることを伝えて、何かあればすぐに医師の診察を受ける事と処置に関して私の責任を問わない事について納得していただきました
    続きを読む >>

    トーマスフェア、残り僅か・・・。

    • 2015.11.01 Sunday
    • 17:04
    JUGEMテーマ:イベント情報
    この写真を撮影したのは9月に入ってからの金曜日、お天気も絶好の行楽日和。しかし、平日のトーマスフェアはこんな感じで、物販コーナーには出店者は私以外に誰もいません。これだけのテントが並んでいるのに・・・、寂しい限りです。当然賑わっていないので、観光客も殆どが素通りしてしまいます。誰でもさびれた様な感じの所には足を向けないのでしょう。私でも、観光地に行ってこんな感じだったら、露店には立ち寄らないでしょう。
     
    少しでも賑わを見せるために、目立つようなPOPを作ったり、写真入りのPOPを作ったり、のぼり旗を立てたりと日々色々と苦労してきました。一番苦労したのがメニュー。周りのスタッフも買ってくれていたので毎日同じ焼きラーメンを出す訳にもいかず、スーパーなどをはしごしながらメニューを考える毎日でした。特に7月の後半から8月までは毎日だったので大変でした。しかし、私の事を応援してくれていると思うと、頑張り抜く事が出来、何とか10月を迎える事が出来ました。私がトーマスフェアに出店するのも今日を含めてあと6日間。嫌な事を言われて頭に来た事もありましたが、後ひと頑張りです。そういう人達は、最後には良い事が起こりません。何事も真面目に誠意を込めて臨んで行く事が重要だと再認識したトーマスフェア。このイベントを乗り切ったのだから、これからどんなイベントがあろうとも、乗り切っていける自信にも繋がりました。
    今日は朝から荒れ模様のお天気が回復しつつあります。今日も頑張ってトーマスフェアに行ってきます! イベントキャップに思うでも書きましたが、トーマスフェアでは、衣装に気を配る人はいません。紙ナプキンや紙おしぼりを用意している出店者もいません。出店者のお客様への意識が希薄なのが、容易に推測できます。出店している時に、当ブースで購入していない方(焼きそばだけを持っている)がおしぼりや紙ナプキンをもらいに来たことが何度かあります(串焼きの場合も)。恐らくあそこに行けばもらえると言われたのでしょうか?これには少々憤りを覚え町の商工観光課の職員に「当ブースで買い物をしていない方には無償でがおしぼりや紙ナプキンは提供しません。」と断りを入れ、町の方も納得していました。結局、自分が儲かればという考えで、余分なものはサービスしない、儲からない日は出店しないという短絡的な思考になってしまうのでしょう。県の補助金や税金などの公的資金を使ってのテント設営、物販会場の整備。ましてや出展料は無料なのです。儲けの事はあまり考えないで、観光客に対しておもてなしの心をも持って接する事が出来る人なら、自ずから答が出てくるはずです。
    続きを読む >>

    イベント関連の切り分け

    • 2015.11.01 Sunday
    • 17:03
    Blog、荒神乃庄・365%完全に幸せ!からイベント関連に記事を切り分けました。以前の記事はそのままにしておきますが、これからは、このBLOGで伝えていきます。よろしくお願いいたします。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM